近年、個別指導塾の需要が増加しています。これは、様々な原因によって引き起こされています。まず、最近のご家庭は自宅に教師を招いて指導してもらう家庭教師を敬遠しているようです。確かに、見知らぬ他人を自宅に入れるのは抵抗がありますよね。そういった理由で、家庭教師ではなく個別指導塾を選ぶ人が増えているようです。家庭教師と個別指導塾は勉強する場所が違うだけで、どちらもマンツーマン指導が受けられます。また、個別指導塾なら、自習室が使用できるので、誘惑の多い自宅よりも集中して学習することが可能な上、分からない箇所があってもその場で質問して解決できるので、知識を着実に定着させていくことが可能です。実際、大手家庭教師事業者のよる個別指導教室の進出が拡大している傾向があり、今では、自宅か校舎か、好きな場所で勉強できる柔軟なシステムを採用している学習塾も増えています。さらに、個別指導塾の需要が高まっている一因として指導の質が上がった点が挙げられます。以前は、個別指導塾といえば、学校の定期テスト対策の位置づけで、講師も大学生のアルバイトが多い傾向がありました。しかし、近年では、大手進学予備校の個別指導塾展開が増加しており、質の高い指導および進学塾としての性格を有する教室が増加しています。アルバイト講師を雇っている教室でも、研修制度を充実したり、採用基準を厳格化したりするなどして、質向上に努めている塾も少なくありません。したがって、これまで集団クラスの進学塾に通っていた難関校合格を目指す生徒が、丁寧な指導が受けられる個別指導を利用し始めています。今では、学校の定期テスト対策でも難関受験のどちらも対応している個別指導塾は、丁寧な指導と高い質で人気の高い指導スタイルとなっています。